TOPICS

バックナンバー

2011/1/26
平成23年度のIFERIプログラムについての説明会を以下の要領で行います。くわしくは、こちらをご覧ください。
  • 日時:2月3日(木)・9日(水)・24日(木)いずれも11:30から
  • 場所:人文社会科学系棟B620
2010/12/18
12月20日(月)に、筑波大学筑波キャンパス において「セミナー「専門家と素人の対話」第一回:サイエンスコミュニケーションの現場」が開催されます。このセミナーは、専門家と素人(非専門家)間における情報伝達およびコミュニケーションの問題について、主に人文社会科学的な視点から考えていくことを目的としています。詳しくはこちら をご覧ください。【終了しました
2010/9/6
9月13日(月)・14日(火)に、筑波大学東京キャンパス秋葉原地区 (秋葉原ダイビル)において「南東欧・日本学生知的交流会議」が開催されます。これはリュブリャナ大学文学部 (スロベニア共和国) との共同企画によるもので、すでに2回開催した「スロベニア・日本学生知的交流会議」を基盤にして、より広範に参加者を募り、両地域間の学生による研究交流を図るとともに、実習プログラムとしての教育効果を期待しています。詳しくはこちら をご覧ください。下の画像からポスターをダウンロード出来ます。【終了しました
南東欧・日本学生知的交流会議
2010/9/6
9月15日(水)16時45分から、筑波大学人文社会学系棟B620においてIFERI講演会「明治期日本における国語概念と言語イデオロギー」を開催します。講師にはLuka Culiberg先生(リュブリャナ大学文学部)をお迎えし、参加者とのディスカッションも予定しています。詳しくはこちら をご覧ください。【終了しました
2010/6/16
6月21日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第8回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/6/9
6月14日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第7回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/6/2
6月7日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第6回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/5/26
5月31日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第5回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/5/14
5月24日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第4回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/5/12
5月17日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第3回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/5/11
5月17日(月)に、筑波大学共同利用棟301-2において平成22年度IFERI出発式が開催されます。【終了しました
2010/5/10
6月3日(木)に、国際文化会館セミナールームにおいてグローバルジャパン研究会が開催されます。第1回は服部英二先生(麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授)をお招きし、「激動する世界と日本文化」という演題でご講演いただきます。参加を希望される方は5/12(水)までに以下のメールアドレス宛てに申し込みをお願いいたします。
IFERI事務局:iferi@sakura.cc.tsukuba.ac.jp
2010/5/6
5月10日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において第2回IFセミナーが開催されます。【終了しました
2010/4/30
平成22年度IFERIプログラム生の選抜結果が発表されました。
2010/4/21
4月26日(月)に、筑波大学人文社会学系棟B620において2010年度の第1回IFERI異分野融合セミナー(略称:IFセミナー)が開催されます。【終了しました
2010/4/1
4月7日〜20日まで、「高度国際教養力プログラム」の平成22年度プログラム生を募集します。4月7・8・9日に説明会を行いますので、興味のある方はご参加ください。説明会の日時等およびIFERIの概要については、こちらをご覧ください。公募申請様式は、こちらから入手できます。【終了しました】
2010/3/24
電子ジャーナル"Inter Faculty"を刊行しました。以下のリンクからご覧ください。
https://journal.hass.tsukuba.ac.jp/interfaculty/
2010/2/23
3月2日(火)〜5日(金)の日程で「社会科学特講(1)Ⅲ」が開講します。講師として関西学院大学の山中速人先生をお招きし、「ビデオフィールドワークの方法と実践」というテーマでご講義いただきます。くわしくは、こちらをご覧ください。
2010/2/10
2月12日(金)、筑波大学東京キャンパス大塚地区G503において「第2回リュブリャナ大学・筑波大学ジョイントセミナー」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。
2010/2/9
2月11日(木)〜15日(月)の日程で「人文科学特講(2)Ⅲ」が開講します。この授業はIFERI「文明対話学プログラム」の科目でもあります。講師としてリュブリャナ大学のアンドレイ・ベケシュ先生をお招きし、"Conflict, Contact, Identity"というテーマでご講義いただきます。くわしくは、こちらをご覧ください。
2010/2/8
2月9日(火)、10日(水)の両日、筑波大学人文社会学系棟B620において「リュブリャナ大学・筑波大学交流セミナー」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2010/02/04
2月11日(木)に筑波大学総合研究棟A110において、Anne Nishimura Morse先生(Museum of Fine Arts, Boston)、谷口耕生先生(奈良国立博物館)を講師としてお招きし、「日本の宗教絵画に関する異分野融合型国際教育・研究集会」を開催します。 くわしくはこちらをご覧ください。
2010/02/03
2月6日(土)に、筑波大学総合研究棟A111において「第4回北京大学・清華大学・筑波大学三大学合同セミナー」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。
2010/01/22
1月27日(水)・28日(木)の両日、筑波大学第3エリア3B213、大学会館特別会議室において「第2回フランシュコンテ大学・筑波大学博士課程共同セミナー」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。
2010/01/14
1月25日(月)に筑波大学人文社会学系棟B620においてIFERI共同セミナー「先住民生存捕鯨をめぐる動き」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2010/01/11
1月21日(木)・22日(金)の両日、筑波大学人文社会学系棟B620においてIFERIワークショップ「多様化するグローバルな「人の移動」と日本の課題−Diversification of global migration; what Japan should do?−」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。
2010/01/06
1月9日(土)・10日(日)の両日、筑波大学第一エリア1H101、総合研究棟A110において「次世代の東アジア学生知的交流国際会議」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。
2009/12/1
12月9日(水)にカザフスタン日本人材開発センター(カザフスタン共和国)において「カザフスタン・日本学生知的学術会議」が行われます。【終了しました
2009/10/29
11月1日(日)に筑波大学共同利用棟A301-2において、IFERI共同セミナー「比較文学・思想史・日本文学—福田恆存研究の視角を巡って」が開催されます。くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2009/10/22
10月29日(木)に筑波大学3K311(国際分析室)において、共同セミナー「中国研究の現在—研究手法から実証研究へ—」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2009/10/21
10月27日(火)・28日(水)の両日、フランシュコンテ大学(フランス共和国)において「フランシュコンテ大学・筑波大学博士課程共同セミナー」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2009/10/16
10月20日(火)・21日(水)の両日、リュブリャナ大学(スロベニア共和国)において「第2回スロベニア・日本学生知的交流会議」が行われます。日本側からはIFERIプログラム生を含む本学大学院生と東京外国語大学、群馬大学の学生が参加し、リュブリャナ大学大学院生と企画立案、研究発表と討議を行います。 くわしくはこちらをご覧ください。
2009/10/6
10月7日(水)に筑波大学人文社会学系棟B620において、講師として張寧先生(中山大学準教授)をお招きし、IFERI共同セミナー「マスメディアと政治、社会に関する研究」を開催します。くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2009/9/27
9月27日(日) 13:00より共同利用棟A102教室でJelisava Sethna先生(東京外国語大学他講師)と山本真司先生(東京外国語大学准教授)をお招きして、「スロベニア・日本学生知的交流セミナー」を開催します。【終了しました
2009/9/15
9月19日(土)・20日(日)の両日、北京大学(中国)において「第三回清華大学・北京大学・筑波大学三大学合同セミナー」が開催されます。 くわしくはこちらをご覧ください。【終了しました
2009/9/11
9月9日(水)〜10月21日(水)の期間、毎週水曜日に「家族・社会関係論」をテーマにした講義が開講されています。講師はウタ・マイヤー=グレーヴェ先生(ギーセン大学教授)です。各講義の具体的なテーマなど、くわしくはこちらをご覧ください。
2009/9/10
9月13日(日)、14日(月)、15日(火)、16日(水)の日程で「人文科学特講(1)Ⅲ」が開講します。この授業はIFERI「文明対話学プログラム」の科目でもあります。講師としてベルリン自由大学の山田ボヒネック頼子先生をお招きし、"Body,language and communication"というテーマでご講義いただきます。くわしくは、こちらをご覧ください。
2009/9/3
パリ第13大学よりサラ・メジュリ教授をお招きして、パリ第13大学・筑波大学共同セミナーおよび学生研究交流会が開催されます。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/8/27
1学期に開講された人文社会科学のための情報コミュニケーション論(1)に引き続き、2学期に人文社会科学のための情報コミュニケーション論(2)が開講されます。今学期は以下の項目を重点的に取り扱います。
  • コンピュータネットワーク概論(TCP/IP、サービスとプロトコル、など)
  • UNIX系OSの利用
  • サーバの構築と運用
  • CMSを用いたソーシャルコミュニケーションサービスの構築
この授業では、より高度な情報コミュニケーション技術の習得を目的とし、本研究科の学生から広く受講者を募集します。詳細はこちらをご覧ください。
2009/8/12
第2期IFERIプログラム生の前田洋平が「松本清張が追い求めたヨーロッパの幻影を求めて—欧州統合運動の隠された一面—」という研究テーマで第11回松本清張研究奨励事業に入選しました。研究テーマの詳細についてはこちらをご覧ください。
2009/7/30
IFERIニュースレター第7号を発行いたしました。下の画像をクリックすると、PDF版をダウンロードすることができます。(軽量化のため画質を落としています。)

Newsletter 7

2009/7/22
7月29日(水)に筑波大学人文社会学系棟B821教官談話室において、「第三回IFERI言語・思想・文化研究シンポジウム」が開催されます。くわしくは、こちらをご覧ください。
2009/7/10
下記の「文明対話学プログラム」の受講についての説明会を以下の要領で行います。受講を希望される方はご参加ください。
  • 日時:7月14日(火)・15日(水)・22日(水)・23日(木)・29日(水)、いずれも10:30から
  • 場所:人文社会科学系棟B620
2009/7/10
平成21年度第2学期より「文明対話学プログラム」を開講します。本研究科の学生から広く募集します。応募期間は7月10日(金)〜9月1日(火)です。
このプログラムは人文社会科学の広い視野に立って世界の諸問題を認識し、問題解決のための基礎的な方法論と対話力を養い、英語による表現力を磨くことを目的としています。レベルは大学院博士課程前期レベルですが、博士課程後期の学生にも役立つようなトピックを選んで解説をし、議論をしていきます。講義はすべて英語で行います。プログラムを通じて、研究の仕方や議論の仕方を身につけることができます。プログラム修了者には、人文社会科学研究科より「文明対話学プログラム修了認定証」を授与します。
くわしくは、こちらをご覧ください。
応募用紙は右記より入手できます。応募用紙(PDFファイル/WORDファイル

The Special Series of Seminars in Civilization and Humanities for graduate students in social and human sciences will commence from the second trimester 2009. The main objectives of the program are to gain a better understanding of the complexity of the problems facing today's world and to better apprehend the art of dialogue necessary to confront and resolve such problems. It is expected that students will be able to perfect their research methodology and argumentation skills as well as significantly improve their academic English ability. The academic level of the program will be Master-course level with selected themes for doctoral students. The seminars will be conducted entirely in English. The Graduate School of Humanities and Social Sciences will award a Science of Dialogue in Civilization and Humanities certificate to students obtaining the required 10 credits by the end of the program. Click here for further information.
To download an application form, click here (PDF). The MS Word file is also available.

2009/7/6
7月23日(木)に筑波大学中央図書館集会室において、Yakov M. Rabkin先生(モントリオール大学教授)をお招きして、特別セミナー"What is Obstacle of Dialogue and Coexistence?"(「対話と共存を妨げるものは何か」)が開催されます。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/7/4・5
筑波大学共同利用棟A201において、IFERI共同セミナー「共生をめぐる問題系の確認と展開」が開催されます。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/6/24
IFERIオープンセミナー「時代を生きる・時代を語る」の第2回が筑波大学東京キャンパス(秋葉原ダイビル14階)講義室1において行われます(15:00-17:00)。報道写真家の笹本恒子氏が「私の出会った昭和の人々—風格と優雅」という題目でご講演くださいます。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/6/17
IFERIオープンセミナー「時代を生きる・時代を語る」が筑波大学東京キャンパス(秋葉原ダイビル14階)講義室1において行われます(15:00-17:00)。第1回は作曲家の丹波明氏が「序破急をめぐる思想」という題目でご講演くださいます。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/6/15
第3回IFERI運営委員会が開かれました。
2009/6/10
6月26日(金)に筑波大学東京キャンパス(秋葉原ダイビル14階)講義室1、6月27日(土)に筑波大学第一学群棟1H101において、平成21年度前期IFERI合同研究会「人社系新領域研究の開拓」を開催します。泉邦寿先生(上智大学外国語学部教授)に「越境する人文学—私の関心事」という題目で、研究における学問領域の横断についてご講演いただきます。さらに、IFERIプログラム生が研究活動報告および研究展望を発表し、新領域研究の開拓とその可能性を模索します。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/5/25
第2回IFERI運営委員会が開かれました。
2009/4/27
平成21年度IFERI出発式が執り行われました。清水副学長と波多野学長補佐のご臨席のもと、第3期プログラム生に対して、坪井美樹研究科長から合格証が授与されました。 第3期プログラム生を代表して、齋藤竜太(国際地域研究1年)が決意表明を行いました。
2009/4/24
IFERI第3期プログラム生の選抜結果が発表されました。
2009/4/20
4月8日〜4月20日まで、平成21年度プログラム生を募集します。4月8・9・10日に説明会を行いますので、興味のある方はご参加ください。 説明会の日時等およびIFERIの概要については、こちらをご覧ください。 公募申請様式は、こちらから入手できます。【締め切りました。】
2009/4/13
IFERI科目「社会科学方法論序説」および「異分野融合リサーチワークショップⅢ」が開講しました。
2009/4/13
平成21年度第1回IFERI運営委員会が開かれました。
2009/4/10
3月19日〜4月10日まで、高麗大学夏期集中特別プログラム生を募集します。人文社会科学研究科の学生ならどなたでも応募できます。 くわしくは、こちらをご覧ください。 応募様式は、こちらから入手できます。【締め切りました。】
2009/4/5
平成21年度研究実施計画書、研究題目変更願は4月5日、プログラム生辞退届は3月20日が事務局提出期限です。 各様式は、こちらで入手してください。
2009/3/31
IFERIニュースレター第6号を発行いたしました。下の画像をクリックすると、PDF版をダウンロードすることができます。(軽量化のため画質を落としています。)

Newsletter 6

2009/3/25
IFERI修了証授与式が行われました。
2009/3/19
講演会「欧州CEFR言語教育参照枠と日本語教育−複言語力・複文化力の育成をめざして−」が、人社棟B620にて、13:00〜15:00に行われます。 講師はDr. 山田ボヒネック頼子先生 (ベルリン自由大学日本学科准教授) です。 くわしくは、IFERI事務局までお問い合わせください。【終了しました
2009/3/17
第2回外部アドバイザー委員会が行われました。
2009/3/16〜19
集中講義「欧州統合の現在」(社会科学特講(5)Ⅱ)が開講します。 講師は小林正英先生(尚美学園大学総合政策学部准教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/3/16〜18
集中講義「エチオピアの多言語状況とアムハラ語」(人文学特講(3)Ⅱ)が開講します。 講師は柘植洋一先生 (金沢大学人文学類教授)です。 多言語国家であるエチオピアの言語状況を一瞥した上で、エチオピア文字について述べ、その上で、 エチオピアの二大主要言語の一つであり、共通語としての役割を担ってきたアムハラ語Amharicの基本的な構造を概観します。 くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/3/9〜11、14
集中講義「中央ヨーロッパにおける歴史と記憶」(社会科学特講(3)Ⅱ)が開講します。講師は篠原琢先生(東京外国語大学)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 履修予定者はこちらのシラバスを必ずお読みください。 (履修上の注意が記載されています。)【終了しました
2009/3/9・10
集中講義「中央アジアの政治・民族・宗教」(社会科学特講(1)Ⅱ)が開講します。 講師は宇山智彦先生 (北海道大学スラブ研究センター教授)です。 受講者には事前課題がありますので、必ずこちらをご覧ください。 【終了しました
2009/3/4〜6
集中講義「国際関係史」(社会科学特講(4)Ⅱ)が開講します。 講師は鈴木健人先生(広島市立大学国際学部准教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/3/4
IFERIプログラム生有志を中心にして、自主研究会「第2回IFERI言語・文化・思想シンポジウム」が行われます。会場が人社棟B818に変更になりました。 くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました
2009/3/2
セミナー「ラウンドテーブル:英語話者を対象とした外国語としてのロシア語教育」(英語)が共同利用棟A102において行われます。 講師はNonna RYAN先生(オーストラリアMacquarie University名誉准教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/2/28
講演会「ロシア-ハルビン-オーストラリア 在豪ロシア系移民の言語の保持と消失」(英語)が共同利用棟A102において行われます。 講演者はNonna RYAN先生(オーストラリアMacquarie University名誉准教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/2/26
講演会「オーストラリアの言語政策」(英語)が人文社会学系棟B620において行われます。 講演者はNonna RYAN先生(オーストラリアMacquarie University名誉准教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/2/24
第1回評価委員会が行われました。
2009/2/23
第8回IFERI運営委員会が行われました。
2009/2/21・22
集中講義「中央アジアの政治・民族・宗教」(社会科学特講(1)Ⅱ) → 3月9日・10日開講に変更になりました。
2009/2/20・23
異分野融合リサーチワークショップ合同報告会が行われました。
2009/2/20
ワークショップ「言語の国内政策と対外政策」が人文社会学系棟A110において行われます。第一部(10:00-12:00)はプログラム生によるワークショップが行われます。 (ご参加には事前登録が必要です。くわしくはIFERI事務局までお問い合わせください。)
第二部(13:45-15:00)は日比谷潤子先生(国際基督教大学副学長)が 「コーパスを用いた日本語研究と日本語教育」と題してご講演くださいます。(参加自由。質疑応答あり。) 【終了しました
2009/2/16
IFERIニュースレター第5号を発行いたしました。下の画像をクリックすると、PDF版をダウンロードすることができます。(軽量化のため画質を落としています。)

Newsletter 5

2009/2/9
「病の語り—身体・社会・共感可能性」をテーマとした講演会「看護ケアと現象学」が人文社会学系棟B721において行われます。 講演者は西村ユミ先生 (大阪大学コミュニケーションデザイン・センター准教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/2/6・7
「第2回北京大学・清華大学・筑波大学三大学合同セミナー」が開かれます。 彭広陸先生(北京大学教授)と 張威先生(清華大学教授)をお招きして、 日本語研究と日本語教育の分野を中心に、日本人学生と留学生がセミナー形式で研究発表・議論を行います。 また、日・中人文研究セッションを設け、IFERIプログラム生の中国研究を紹介します。 会場等の詳細はこちらをご覧ください。 一般公開ですので、どなたでもご参加いただけます。【終了しました
2009/2/4
「病の語り—身体・社会・共感可能性」をテーマとした講演会「トラウマについて語るということ:環状島モデルと学際研究」が人文社会学系棟B721において行われます。 講演者は宮地尚子先生(一橋大学社会学研究科教授)です。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/2/2〜4
集中講義「中央ヨーロッパにおける言語政策と社会」(社会科学特講(2)Ⅱ)が開講します。 講師はAndrej BEKES先生(スロベニア共和国リュブリャナ大学文学部教授)です。 教室は人文社会学系棟B620、講義は日本語で行われます。 くわしくは、こちらをご覧ください。 【終了しました
2009/1/19
第7回IFERI運営委員会が行われました。
2009/1/12・13
平成20年度「大学教育改革プログラム合同フォーラム」 (主催:文部科学省・(財)文教協会、於パシフィコ横浜)に参加しました。
2008/12/26
本学大学会館特別会議室において、「リュブリャナ大学・筑波大学ジョイントセミナー」が行われます。 駐日スロベニア大使、リュブリャナ大学文学部長をはじめとする方々をお招きし、今後の両国間の学術交流促進について協議すると共に、 11月8日・9日の「第1回スロベニア・日本学生知的交流会議」について参加者が報告します。 くわしくはプログラムをご覧ください。 【終了しました

ジョイントセミナー ジョイントセミナー

2008/11/17
第6回IFERI運営委員会が行われました。
2008/11/8・9
リュブリャナ大学(スロベニア共和国)において「第1回スロベニア・日本学生知的交流会議」が行われました。 IFERIプログラム生を含む本学大学院生とリュブリャナ大学大学院生が企画立案し、研究発表と討議を行いました。 詳しくは、こちらをご覧ください。

学生会議 学生会議

2008/10/31
IFERIニュースレター第4号が発行されました。 下の画像をクリックすると、PDF版をダウンロードすることができます。 (軽量化のため画質を落としています。)

Newsletter 4

2008/10/14
中国清華大学において「北京大学・清華大学・筑波大学第一回合同研究会」が開催されました。 IFERIの支援を受けた学生も発表しました。
2008/10/6
第5回IFERI運営委員会が行われました。
2008/9/23
「中央ヨーロッパ・日本学生知的交流セミナー」が行われます。 講師はJelisava Sethna先生 (東京外国語大学講師他) です。 【終了しました
2008/9/12
「学生派遣支援プロジェクト」の募集を行います。 IFERIプログラム生に限らず、人文社会科学研究科の学生は応募することができます。 提出締切は10月3日(金)です。【募集は締め切りました】
2008/9/9
集中講義「魏晋文学の言志と表現」(人文科学特講(1)Ⅱ)が開講します。 講師は大上正美先生(青山学院大学文学部教授)です。 【終了しました
2008/9/8
集中講義「北アフリカ文化とフランス語」(人文科学特講(2)Ⅱ)が開講します。 講師は粕谷雄一先生(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授)です。 【終了しました
2008/9/8
第4回IFERI運営委員会が行われました。
2008/9/1
講演会・共同セミナー等企画募集(12〜2月分)を再開しました。提出締切は11月5日(水)です。 募集要項と応募様式はこちらから入手できます。
2008/9/1
2学期のIFセミナーが始まりました。 今学期は毎回1名のプログラム生が自分の研究テーマについて発表をおこない、2名の指定討論者を中心としてディスカッションを展開します。 毎回のレポートをIFERIブログに掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

IFセミナー IFセミナー

2008/8/29
学生有志による自主研究会「第一回IFERI言語・思想・文化研究シンポジウム:「知」をめぐる言語」が開催されます。 【終了しました
2008/7/17
IFERI共同セミナー「異分野融合の手法による台湾社会の研究−1950年代から1970年代を中心に−」が開催されます。 【終了しました
2008/6/30
IFERIニュースレター第3号が発行されました。下の画像をクリックすると、PDF版をダウンロードすることができます。(軽量化のため画質を落としています。)

Newsletter 3

2008/6/18
7月2-4日に大学院共通科目「職業としての大学教育」の集中講義が実施されます。将来大学教員としてのキャリアを目指す大学院生のために、シラバス作成、成績評価、リテラシー教育、教養教育を初めとする大学教員としての技法と倫理を解説する科目です。IFERIではこの科目をTA研修と位置づけますので、TAとして雇用されるプログラム生は必ず履修してください。講義の詳細については、こちらをご覧ください。
2008/6/17
6月27日(金)28日(土)の両日、本学大学会館特別会議室にて平成20年度前期IFERI合同研究会「人社系異分野融合研究と新領域の開拓の試み」 を開催します。人文社会科学研究科の主な研究事業を推進する研究者がそれぞれの取り組みについて発表し、人社系異分野融合研究の可能性について議論します。さらに、IFERIプログラム生が現地調査報告および研究展望を発表し、ともに新研究領域の開拓を模索します。くわしくは、こちらをご覧ください。【終了しました

Godo2008

2008/5/7
5月12日(月)11:30より1C303会議室(第1エリア)にて平成20年度IFERI出発式が開催されます。【終了しました
2008/4/30
平成20年度プログラム生が選抜されました。その顔ぶれと研究テーマについてはこちらをご覧ください。
2008/4/24
「社会科学方法論序説」の教室が共同利用棟A102に変わりました。
2008/4/10
第1期プログラム生は2年目の研究計画書を提出してください。書式はこちらからダウンロードできます。
2008/4/7
平成20年度プログラム生を募集します。別紙の通り説明会を開催いたしますので、関心のある方はおいでください。応募書類はこちらからダウンロードできます。

別紙 公募調書

2008/4/7
1学期開講予定の「社会科学方法論序説」の教室は3K220です。第1回目は4月14日月曜日2時限で、明石先生担当です。
2008/4/3
4月9日(水)17時より、人社棟B620にて平成20年度第1回IFERI運営委員会を開催します。
2008/3/31
平成19年度の年次報告書、IFERIニュースレター第2号が発行されました。下の画像をクリックすると、PDF版をダウンロードすることができます。(軽量化のため画質を落としています。)

Nenji Hokoku Newsletter 2

2008/3/1
ウェブサイトをリニューアルしました。
2008/2/29
第5回運営委員会が開催されました。
2008/2/19
2月18日(月)、19日(火)に本学大学会館特別会議室にてIFERI主催シンポジウム「人文科学と社会科学の融合と国際ネットワーキング」が行われました。参加者は二日間で100名を超え、盛況のうちに終了しました。

keynote speech iferites

2008/1/22
第4回運営委員会が開催されました。
2007/12/25
『IFERIニュースレター』第1号が発行されました。ぜひご覧ください。
こちらからダウンロードできます。 (軽量化のため画質を落としています。)
2007/12/18
第3回運営委員会が開催されました。
2007/12/1
IFERI科目が開設されました。TWINSから履修登録できます。
2007/11/27
第2回運営委員会が開催され、IFERI科目、非常勤講師任用計画、今年度の活動予定等が審議されました。
2007/11/8
第1回運営委員会が開催され、プログラム生の異分野指導体制と今年度の支援計画等が審議されました。
2007/11/1
共同利用棟A302-2にIFERI事務局が設置されました。
2007/10/31
主指導教員に対する説明会が開催されました。
2007/10/24
IFERI発足式が執り行われました。

PAGE TOP